留学生

現在、文化人類学専修には、海外からの大学院生および研究生も所属しています。
このページでは、海外からこの千葉大学に進学したきっかけと千葉大学で行おうと考えている研究について、簡単ですが紹介したいと思います。

張 云霄(ちょう うんしょう)

所属:千葉大学大学院人文公共学府博士前期

研究テーマ・概要:詳細は大学院のメンバー紹介を参照

姹 斯娜(ちゃすな)

出身地:中国、内モンゴル自治区、シリンホト (錫林浩特)市

研究テーマ:内モンゴル自治区における牧畜業再建に関する研究

調査地:内モンゴル自治区シリンホト(錫林浩特)市の周辺

研究対象:現地の牧畜業民

調査方法:地域によって牧畜業再建に関する協同組合の有無があるので、その二つを比較して調査。調査はまだ行っていない。

文化人類学を選んだきっかけ:前の大学では理学系出身で、卒業論文として木の二酸化炭素についての研究をしていたが、サンプル採集以外に外に出る機会がないのでつまらなく思っていた。そう考えていたところ、大学の先輩から文化人類学にはフィールドワークがあることを聞き、文化人類学に興味が湧いた。

日本を選んだきっかけ:元は韓国に留学する予定で、2年間韓国語を勉強していたが、知人が韓国にいないことから母親に心配されていた。一方、日本には伯父がいたため、日本に留学することを決めた。

千葉大学を選んだきっかけ:千葉大学出身の先輩から千葉大学について聞いたことと、国立大学なら環境がいいと考えたことがきっかけ。

趣味:小説を読むこと。好きな小説は『神なるオオカミ』(日本語訳)

出身地周辺の名所、名産:シリンホト市には、山頂が平らになっている平頂山がある。

日本に来て思ったこと:曜日によって捨てられるゴミが分けられていること(内モンゴルではどの種類のゴミも毎日捨てられる)と、果物が高いことに困っている。

suya(そや)

所属:千葉大学大学院人文公共学府博士前期

研究テーマ・概要:詳細は大学院のメンバー紹介を参照

王 思凱(おう しかい)

所属:千葉大学大学院人文公共学府博士前期

研究テーマ・概要:詳細は大学院のメンバー紹介を参照

劉瀟瀟(りゅう しょうしょう)

所属:千葉大学大学院人文公共学府博士前期

研究テーマ・概要:詳細は大学院のメンバー紹介を参照

千葉大学短期交換留学プログラム(J-PAC:Japan Program at Chiba)
千葉大学短期交換留学プログラム(J-PAC)は、千葉大学と大学間交流協定を締結している大学の学部レベルの学生を、その大学に在籍したまま千葉大学に受け入れる短期留学プログラムで、国際教養プログラムと日本研究プログラムがあります。
いずれも10月から翌年8月までのプログラムです。ただし、希望すれば10月から1学期間(2ターム)、または、4月から1学期間(2ターム)参加することも可能です。
いずれのプログラムも日本語を学習するだけの語学コースではないことに注意してください。