学生生活

年中行事 主な進路先 卒業生の声

文化人類学研究室には、2年次から4年次までの学部生がおよそ30人、大学院生・研究生がおよそ10名在籍しています。学部では3名、大学院では5名の教員と共に学び、時には真摯に指導されながら学生生活を送っています。研究室は、学びの場であると同時に、日常生活の交わる場でもあり、公的、私的限らず様々な活動を通じて、所属する者同士の密なかかわりを形成しています。
学部生は卒業後、大学院に進学する者もいれば、広く社会に出ていく者もいます。文化人類学にふさわしく多様な卒業後の進路、そして彼らの声についても紹介いたします。